カテゴリ:未分類( 1 )

未来へつづく美生活展 

東京国立近代美術工芸館にて。
2/21で終了してますが、覚書きとして、、、

1920~2010年代の日本の美しい工芸品達。
選び抜かれた素材と、ため息が出るほどの繊細な手仕事。
どの作品も、探求心と模索し続ける継続的な集中力が感じとれます。

深く心を尽くされ、労力を惜しまず作られたものを暮らしの中に取り入れる。
生活空間が静謐さを帯び、凛とした質のよい日々へといざなってくれるようです。
特に大正から昭和初期の生活品というのは、無性に魅了されます。
プラスチック製品なんて、まだ蔓延していない時代。
その心地よい生活風景が、垣間見れました。

日本工芸家の作品が主ですが、
日本に影響を与えた海外の工芸家「ルーシー・リー」や「マルセル・ブロイヤー」もありました。
「ルーシー・リー」の部屋の写真や陶芸作品が数点展示されているのは、かなりのお得感。
彼女の流行に媚びない作風、非対称なカタチに子供が書いたようなフリーハンドなラインがそこかしこに。

そして独自レシピの釉薬が、たおやかな色調を生み出し、なんだか安堵感を覚えます。
いつ見ても新鮮な印象を受けるのは、どうしてなのでしょうか...

これとは別に「没後20年 ルーシー・リー展」が、只今全国5会場を巡回中です。
現在、
郡山市立美術館 2016年1月16日(土)− 3月21日(月) にて開催されています。
最後は、静岡市美術館 
2016年4月9日(土)− 5月29日(日)迄。
興味のある方は是非!
私も、なんとか時間を作って観に行かねばと、スケジュール帳とにらめっこです。
b0327624_23031593.jpg


 

b0327624_23035002.jpg
東京国立近代美術工芸館
b0327624_23050079.jpg
b0327624_23052648.jpg
こんな所も凝ってます。
b0327624_01444362.jpg






by nanairoyakumo | 2016-03-06 23:49


日々を綴ります


by NANAIROYAKUMO

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
メディア
柴犬
展示会
日々
子供の頃
work
鑑賞
未分類

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 08月
2014年 07月

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

2/7発売の3月号「CREA..
at 2017-02-08 22:56
富士山と月と柴犬
at 2017-01-02 22:24
掲載していただきました。Cr..
at 2016-12-24 20:03
Creema掲載 特集「ク..
at 2016-12-01 22:51
Creemaメルマガに掲載..
at 2016-11-08 22:26
Creema掲載 特集「冬に..
at 2016-10-30 23:10
バンクシー・ダズ・ニューヨーク
at 2016-04-25 02:31
[ナチュリラ]2016年春号掲載
at 2016-03-24 00:01
OB会と文旦
at 2016-03-14 00:40
主婦と生活社【ナチュリラ】の..
at 2016-03-07 03:33

画像一覧

外部リンク

タグ

(10)
(5)
(5)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)

ファン

ブログジャンル

アート・デザイン
クリエイター

最新のトラックバック